一人暮らしで持ち金が底をついた時の対処法

一人暮らしの生活の中からお金について考えてみましょう。

お金があと少しあればなぁ・・・、なんて思ったことはありませんか?
一家の家計を守っている専業主婦の方もそうでしょうし、一人暮らしの方にもそう思う人は多いことでしょう。
「一人」暮らしとはいえ、家賃という大型固定出費(勝手に名付けました)を始め、光熱費などは丸々負担しなければいけませんから、経済的な面から言うと、ある意味、非効率的な生活と言えるかもしれません。
とはいえ、一人暮らししたくてしている人も、一人は嫌だ!と思っている一人暮らしの人も、必ずややってくるのが、お財布のピンチ
特にサラリーマンの方々の給料日前、という”特別”な時間と空間。
はっきり言ってしまえば、給料日前のかな〜り貧乏な、あのひっそりとした生活は、筆者も一人暮らしでサラリーマン経験があるので、しっかり理解できます。
さて、一人暮らしだと、生活に関わる経済的なもんはなんでも自己負担なのは重々理解していた上で、一人暮らしの方にお尋ねします。
目の前の生活で、本当に、手元にお金が、キレイさっぱりなくなってしまったら、あなたなら、どうしますか?
明日の食事は?
2日後の家賃の支払いは?
今回は、実は、こんな方法もあるんです、というおはなしです。

 

カードローンの審査について 

おかねを借りてみよう。

まずは、手元にお金がなくなったら、とりあえず、実家のご両親やご家族に相談をしてみる、という人も多いと思います。
例えば、ご両親が健在なら、大方、ご両親に相談して、少し援助を申し出ます。それが駄目なら、兄弟や親戚、と親族に当たることになるでしょう。
経済的に裕福な人なら、親族の頼みを聞かないこともないかもしれません。親であれば、例え返済されなくても貸してくれることも。
ただ、親族であれ、親子であれ、お金が絡むと人は借りた人に対して、違った見方をするようになるでしょう。
お金には魔物が住んでいますから、借金の依頼をした、というだけで、疎遠になってしまう可能性もあります。
借りる際は、必ず借用書を作って、返済期限や返済方法といったものも記入し、しっかりと貸し借りの証明を作っておくことが、トラブルなく、双方にメリットがあることです。
ただし、何度も言いますが、お金を貸して欲しい、と伝えた時点で、印象がプラスに変化する、ということは決してない、ということを肝に銘じて、貸し主にきちんと理解してもらえる形で、お金を借りましょう。
誠実さ、が大切です。お金で関係が崩れてしまわぬよう、誠実な態度で、完済することが大切です。

友人知人からお金を借りるケース

家族からお金を借りる、ということの次に考えられるのが、友人や知人といった、周囲の人から借りるという方法。
一人暮らしですから、多くの人は、実家から遠方で暮らしているはず。ということは、遠くの身内よりも、近くの他人、という方も多いかもしれません。
もちろん、近しい人なら、普段の経済観念もよくご存知でしょうし、お金にだらしない、と思われていなければ、貸してもらえる確率も高くなるはず。更に、きちっと金利なんて設けたりする人も少ないので、無利子無担保でお金を貸してもらえるかもしれません。
ただ、逆に言うと、あなたが知人からお金を貸してくれ、と言われたら、どうでしょうか?世間的には、「お金を友人に貸すのなら、返ってこないつもりで貸さなければいけない」という程、貸す側にもそれなりの覚悟が必要だったり、自業自得という声もありますが、結局の所、万が一きれいに返済されたとしても、後味が悪い結果になり、関係が更に良くなる、ということはないでしょう。
前出のように、きちんとした借用書を作って借りたとしても、それが%好印象を与えるとは限りません。
中には、借用書という書類を作ったがために、余計に信頼関係が失われることもありますから、やっぱり友人や知人からお金を借りるというのはオススメではありません

勤め先からお金を借りるケース

あまり知られていませんが、会社によっては、勤め先からお金を借りることができることもあります。
会社によっては、社員向けに「貸付制度」を設けているところもあります
家族や知人からお金を借りる際に心配される信頼関係の欠如の心配もなく、また、低金利で借りられることができます。また、自分の勤め先から借りるので、借り側としても信頼できる借り入れ先で、メリット大です。
一般的には、総務課といった部署で手続きをしてくれますが、一つ注意しないといけないのが、相応の理由が必要だという点です。
例えば、結婚費用、新居準備費用、喪主やホストとなるような冠婚葬祭、子供の学費といった理由です。これらのことを見てみると、一人暮らしの人にとっては、なかなか考えられないような理由のため、勤め先からの借り入れはかなり難しいようです。
と、いうことは、やっぱり一人暮らしなら、信頼関係を崩しても家族や知人からお金を借りるのがベストなのでしょうか?
いえいえ、残る一つの方法、まだこの方法をご紹介していませんでした。
実は、今まで築き上げた信頼関係を壊すことなく、安心してお金を借りることができる方法があるんです。
それでは、その方法をご紹介しましょう。

プロからお金を借りるケース

信頼関係を壊すことなく、一人暮らしでも目的に関わらず、安心してお金を借りる方法としては、今、カードローンがベストです。カードローンという名前は、誰もが一度は聞いたことがある言葉だと思います。
今、カードローンは、さまざまな金融機関や消費者金融が扱っています。
ローンなら目的は限定されるのかな?と思いがちですが、カードローンなら、目的は選びません。
額も数万円から借り入れが可能ですので、ちょっとした生活費不足や、デート代の足しになど、あらゆる用途が可能です。
また、住宅ローンといったまとまった額を借りて長期的に返済するようなものであれば、審査もそれなりに時間を掛けて行われます。
勤務状態、年収、直近の月給やボーナスなどなど。
これでは、今すぐに、小額の借入をしたいという人には、あまりにも不都合なものですが、カードローンなら、最短で即日審査、即日融資が可能ですので、これほど「一人暮らしのちょい借り」に便利なものはありませんよね。
以前のように、悪徳な闇金や街金も少なくなった今、きちんと貸し側を調べて、信頼できるところから借りれば、人間関係が崩れることもなく、安心して返済まで終わり、有効なお金の使い方ができます。

困った時のカードローン

いますぐカードローンの申し込みを検討している方はこちらをチェック!!
     ↓     ↓     ↓     ↓
http://xn--know-ul4cygsjubwec4991jpj4a.biz/

カードローンを利用するメリットデメリット

カードローンを利用する最大のメリットは、なんといっても、これまで築いてきた人間関係になにも支障がない、という点です。
人間関係は、お金があれば、1日で築けるというものでは決してありません。逆に言うと、お金が絡むと、1日で壊れてしまう可能性があります。プロにお金を借りて解決できるものであれば、カードローンは最適、というわけです。
メリットをもう一つ上げるとすると、返済の管理がきちんとできます。親族や知人に借りた場合、きちんと返済の確証を持っておかないと、返した返してない、ということで揉める原因にもなります。
ですが、プロにお金を借りれば、返済は銀行振込や引き落としですので、第三者の確証が残り、返済額の残りも分かりやすいので、やっぱり揉める元を回避することができます。

 

逆にデメリットを見てみると、第一のデメリットは、金利が付く、という点です。
要するに借りた分に利息分をプラスアルファして返済しなければいけません。ただ、銀行系カードローンや信頼できる消費者金融から借りれば、法外な金利は付きません。
妥当な手数料を支払ってお金を貸してもらう、というイメージです。返済プランも、今では、分割やボーナス一括など、さまざまに選べますので、さほどデメリットとして感じられる部分は少ないと感じます。