一人暮らしのスーパー節約術A日常生活編

一人暮らしのスーパー節約術A日常生活編

日常生活の節約術としてお勧めなのは、一日に使えるお金を、お給料をもらった時に予め決めておくことです。
主婦なら、食費を月の日数に分けて、封筒に入れたりする方法は有名なのですが、一人暮らしでも同じように、封筒を日数分準備して、毎日その日の封筒からお金を出して使います。
と、これだけでは急な飲み会やお付き合いに対応できなくなりますので、交際費や趣味のお金も予め袋に入れて用意しておき、その中のお金で1ヶ月過ごします。
お金を出した代わりに、レシートを入れると更に分かりやすいです。これを数ヶ月実践してみると、自分のお金の使い方も見えてきます。例えば、月の始めにはあまり使わないけれど、月末になると、仕事も一段落するから、友人や会社の同僚と飲みに行く回数が増えるなど。
自分のお金の使い方が客観的に見えるようになれば、この方法は、節約以上の効果があります。
また、袋が面倒だ、という方には、できるだけスーパーやコンビニに行かなず、行った時にまとめ買いをする、という方法もあります。つまり1回の買い物でまとまった金額を購入することになりますが、ちょこちょこ買えば、かならず余計なものを購入してしまうので、この回数を減らす、というだけでもかなり節約になります。
お試しあれ。