計画的に、とは申しましても

計画的に、とは申しましても

自分のお給料や、収入は計画的に使おう、と考えている人はたくさんいますが、果たして計画的に使えている人は、どのくらいいるでしょうか?気づいたら今月もピンチで、お給料日を指折り数えて待っている、というのを何度やっても懲りない人の方が多いかもしれません。
お給料は、トントンで使い切っても、ボーナスはそっくりそのまま貯金にしている、という人ならまだ良いですが、ボーナス自体がないとなれば、やっぱり万が一の時に備えるべく、スッカラカンで困らないようにしておいた方が良いことは誰にでも分かります。
お給料が計画的に使えない、としても、もし万が一、カードローンを使ったり、誰かからお金を貸してもらった場合は、是非計画的にキチッと返済しておかなければいけません。
この借り入れがしっかり完済できたかどうかは、その後の自分のお財布との付き合い方にも大きく関係してきますし、周囲の人に借りたのなら、なにより、人間関係に大きく影響を及ぼすからです。
何度も言いますが、「人間関係は一日にしてならず」です。大切な人間関係をお金が絡んで一瞬で消し去ってしまわないように、お金を使うときも借りる時も、しっかり考えて使いたいものですね。